通過儀礼の終着点としての自然葬

人間は生まれ、いくつかの通過儀礼を経てから後、幕を閉じます。

期待できる西宮の葬儀の情報サイトはこちらです。

出生が出発点であり、親にとっては大きな通過儀礼のひとつでもあります。

日本においてはお食い初め七五三や成人式、結婚式など、様々な通過儀礼があります。

神戸の遺品整理情報選びのお役立ちコンテンツ満載です。

その節目自体は誰にでも訪れるもので、何をすることがなかったにしても、「通過」しています。

なにかしらの意味を持たせ、新しい付加価値を見出したものが「儀礼」となります。
自分だけの「通過儀礼」ではなく、他者の気持ちもそこには存在しています。自分の通過儀礼として受け止めている家族、そしてともに喜んでくれる縁者です。

このような「通過儀礼」の終着点が、「葬送」になります。

この「葬送」に関して、近頃では自然葬が営まれることが増えてきました。

自然葬には散骨や埋葬、宇宙葬などが見られます。



今までの概念とは全く違った、新しい価値観を提案しているものです。自然葬が出現して間もないころには、これに対して戸惑いを見せる遺族や縁者もいましたが、今では選択肢の一つとして認められるようになっています。

利便性を重視したhttps://okwave.jp/qa/q1049316.htmlをご紹介いたします。

しかし自分にとっては終着点であっても、他者にとっては「通過儀礼」です。受け止め方は大きなものですから、自身の選択とはいえ、他者の気持ちを尊重することも必要になります。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7770928.html

生前にそれを決定するのであれば、「通過儀礼」とshて受け止めるであろう家族に対しては、理解を求めることも不可欠かもしれません。

それによって自分が自分にふさわしいと思える「幕引き」が実現できます。

http://girlschannel.net/topics/1072261/の分かりやすい情報はこちらです。

関連リンク